賃貸住宅でペットと暮らす

室内環境

室内環境もペット用に整えられた賃貸物件が多くなっています。
例えば「ドッグフェンス」が設置されているところがあります。
出かけるときや帰宅したときに、玄関の扉を開けてペットが飛び出すのを防ぐために大切なものです。
来客時にもとびかかりを防ぐため必要な安心設備です。
「リードフック」がついているところもあります。
散歩に行くとき帰ってきたとき、一旦ペットをつないでおけるものです。
散歩グッズを準備しているときや、靴を履いているときなど一時的につなげて便利です。
「ペット専用のくぐり戸」を設置している賃貸物件もあります。
ペットが自由に往来できるようにサポートした設備です。
主に猫用ですが、リビングからトイレのあるところへペットが自由に出入りできるように設置されていることが多いようです。
「キャットステップ」や「キャットウォーク」のついているところもあります。
猫には立体運動が必要なので、上がったり下がったり猫ができるようにステップを設けて、高いところを移動できるようにキャットウォークをつけているのです。
猫を飼っている人には人気の設備です。
「空気清浄機能」を設置している賃貸物件もあります。
マンションの場合、ペットの臭い対策として空気清浄機とかオゾン発生機を部屋に常設しているところもあります。
「ペット対応用のクロス」を使っているところもあります。
汚れにくくて臭いの吸着を防ぐことができるクロスを使っていたり、汚れやすい下の方の部分だけクロスが張り替えられるようになっていたりします。
「ペット対応の床材」を使っているところもあります。
一般的な賃貸マンションのようなフローリングとかクッションフロアにするとペットが滑りやすくて股関節を痛めてしまうので滑りにくい床材にしているところもあります。

 室内環境 

小資本ビジネスで儲けるコツ  フランチャイズの基礎用語  フランチャイズ加盟の手引き  新型インフルエンザ大流行の脅威  AIUの保険  FX ONLINE  HDDデータ復旧  アスクル  アドワーズ  アフラック  アフラックの個人年金  アフラックのガン保険
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi