賃貸住宅でペットと暮らす

ペット共生型

賃貸マンションなどの居住条件を見ていると、「ペット可」と書かれている場合と「ペット共生型」と書かれている場合があります。
これらはどういう違いがあるのか見比べてみたいと思います。
賃貸物件を探すときの参考にしてください。
「ペット可」というマンションでは、ペットの飼育について管理規約で認めています。
またマンションなどのオーナーがペットの飼育について認めている住居を示しています。
ひとくちに「ペット可」と言っても、マンションの建設当初からペットを飼育することを前提として建てたものもあれば、建物が老朽化したことや駅から遠いことなどの理由から物件価値を高めるために後からペットの飼育を許可したものまでいろいろです。
単に「ペット可」となっている場合、ペットを飼育するための特別な設備や仕様が施されていることはほとんどありません。
ペットと快適に暮らすため飼い主が自分で工夫をしなければいけません。
一方「ペット共生型」となっている場合、マンションの共有部分にペットの足洗い場があったり、グルーミングルームがあったりします。
他にもペットが乗ったことを知らせてくれるエレベーターが付いていたり、敷地内にドッグランがあったり、動物病院やペットサロンなどを併設しているところもあります。
部屋にも壁や床に消臭効果のあるものを使っていたり、汚れにくい素材を使ったりしてペットの飼育を意識して建てられています。
最近は築年数の経った建物をペット共生型へリノベーションしている賃貸物件も増えています。

 ペット共生型 

小資本ビジネスで儲けるコツ  フランチャイズの基礎用語  フランチャイズ加盟の手引き  新型インフルエンザ大流行の脅威  AIUの保険  FX ONLINE  HDDデータ復旧  アスクル  アドワーズ  アフラック  アフラックの個人年金  アフラックのガン保険
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi