賃貸住宅でペットと暮らす

室内でのマナー

賃貸住宅の場合、占有部分についてもマナーを守って生活しなければいけません。
同じ賃貸住宅に住む人や近隣の人に配慮して、次のようなことに気をつけるといいと思います。
まずペットのトイレの置き場所についてです。
不快な臭いが発生するトイレ、これを窓際に置いてしまうと臭いが隣の部屋に流れてしまう可能性が高くなります。
洗面所などの床は掃除しやすい床材が使われているので、一般的には洗面所に設置するのがベストです。
犬専用のスペースを作る場所についてです。
防音対策のためにも犬が極力無駄に吠えないようにすることが大切です。
そのためには犬が吠えるきっかけを与えないことが大切です。
住人の往来がある廊下側や車や人の通りが激しい道路に面した場所では犬が警戒心を抱いて無駄吠えすることになってしまいます。
犬には家族の気配を感じることができる場所、そして隣家と接していない側の壁際へスペースを設置してあげることで精神状態を落ち着かせることができます。
さらに隣家との境界側の壁に本棚などを置いて防音対策するといいと思います。
階下への配慮も忘れてはいけません。
ペットが歩く足音は階下の人にとって気になるものです。
特にフローリングなどの場合には、ツメがあたってカチカチという音も聞こえてしまいます。
ペットが自由に動く範囲には、タイルカーペットやラグを敷いて足音対策をするといいと思います。
このようにしてほんの少しの工夫で、トラブルを防ぐことができてお互いにストレスなく気持よく暮らすことができるのです。

 室内でのマナー 

小資本ビジネスで儲けるコツ  フランチャイズの基礎用語  フランチャイズ加盟の手引き  新型インフルエンザ大流行の脅威  AIUの保険  FX ONLINE  HDDデータ復旧  アスクル  アドワーズ  アフラック  アフラックの個人年金  アフラックのガン保険
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi