賃貸住宅でペットと暮らす

経営者のメリット

古くなってしまい人気がなくなった賃貸物件や立地が悪くて入居者が少ない賃貸物件の場合、大家さんが思いきって「ペット共生型」にすることで様々な利点が生まれます。
まずペット共生型の賃貸物件は市場のニーズが高まっているのに対して絶対数が足らないため、入居希望者が殺到すること。
そして入居者もマナーのいいまじめな人に恵まれやすいことが挙げられます。
ルールの厳しいペット共生型の賃貸住宅をあえて選んでくる人なので、マナーがよくてまじめな人が多いのです。
管理会社がペット共生型の賃貸住宅に対して高い付加価値をつけてくれるところならば、その分賃料を高く設定して良い条件でリースをしてくれるか、相場並みの賃料にして満室経営をしてくれるので、大家さんにとってはとても良い条件でサブリースできるわけです。
敷金についても、入居者たちはペットが部屋を汚すものだと承知の上で入居してくるため、通常の部屋よりも高く敷金を確保しやすくなります。
人気が高いため部屋の稼働率もアップします。
同じ住宅内で友達ができると、余計に引っ越しをしなくなるため、回転率が低くなり、逆にたまに空いたとしてもすぐ次の入居者が決まるのです。
ペット共生型の賃貸住宅を経営したいと考えるならば、積極的にペットに対して管理をしてくれる不動産会社を選ぶようにした方がいいと思います。
ペット共生型に変更する際、近所から不安の声があがるかもしれません。
しかし優良な不動産会社と提携していれば、運営計画などをしっかりと示すことができて、その後も賃貸経営を安心して任せることができるからです。

 経営者のメリット 

小資本ビジネスで儲けるコツ  フランチャイズの基礎用語  フランチャイズ加盟の手引き  新型インフルエンザ大流行の脅威  AIUの保険  FX ONLINE  HDDデータ復旧  アスクル  アドワーズ  アフラック  アフラックの個人年金  アフラックのガン保険
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi