賃貸住宅でペットと暮らす

管理規約のチェック

賃貸物件を契約するときには、契約の前に必ず管理規約を細部にいたるまでチェックする必要があります。
しっかりと確認しておくことで、入居後のトラブルを防ぐことができます。
「ペット飼育可」となっている賃貸マンションにおいては、どんなペットでもOKなわけではありません。
大抵の場合は、「小型犬のみ飼育可」とか「2頭までは飼育可」など条件をつけている場合がほとんどです。
共有部分で行うペットの扱いについても賃貸マンションによって異なります。
多くの場合、細かなルールが決められています。
管理規約を細部までチェックしていなかったために、ペットを庭で遊ばせるために庭付き物件を選んだのに入居後にペットは庭に出してはいけないと注意を受けてしまった。
犬だからいいと思って入居したら大型犬は認められていなかったなど、ペットがトラブルになることはよくあります。
入居前にはペットの飼育が許可されていることだけではなく、具体的にルールや条件がどうなっているのかまで確認しておくようにしてください。
中には建築中の新築マンションが入居者を早めに募っているような場合、細かい条件がまだ決まっていないケースもあります。
こういった場合には、どういう方向性で進むのか随時不動産業者などに確認しておいたほうがいいと思います。
他にも入居時に審査を受ける場合があります。
普通はペットの写真とか予防接種をした証明などの必要書類を提出すればいいのですが、中には事前に面接をするところもあります。
ペットの届けの方法や審査の有無を確認しておくといざというときに慌てなくてすむと思います。

 管理規約のチェック 

小資本ビジネスで儲けるコツ  フランチャイズの基礎用語  フランチャイズ加盟の手引き  新型インフルエンザ大流行の脅威  AIUの保険  FX ONLINE  HDDデータ復旧  アスクル  アドワーズ  アフラック  アフラックの個人年金  アフラックのガン保険
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi